スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2ブログランキング

[--/--/-- --:--] スポンサー広告| トラックバック(-) | コメント(-)

2007年深見東州作品展 

ただいま深見東州先生の作品展が東京で開かれています。

題して
2007年 深見東州 作品展
「永遠に絵描いて、しようがないほど書画描いて、合点がいくまでみる画展」
2007年深見東州作品展ポスター


2007年3/21~3/27
10:00~20:00
東京国際フォーラム Gブロック7階展示室 東京国際フォーラムの地図 山手線の有楽町駅の近くだね。
入場無料
入場無料
入場無料
入場無料
入場無料

開催初日は深見先生が出席して開幕式。
作品展に行ったことがある人によると、意外と人が少なくて、深見先生と話せるチャンスだそうです。
ということは、話したのですね。

数年前に私が行った時、深見先生は来賓の人と話していて話しかけるという雰囲気ではなかったですが。


多分複製も販売していると思います。

今年の作品の中で私の好きな絵は「大きなお尻の女が一人」「ジルダの昇天」「名もなき山のご来光」「誘惑するバクテリア」かなぁ。他にもあるけれど。
どーやって描いてるんだ?という絵が多数展示されています。


やっぱり本物は印刷とはゼンゼン違います。東京の人なら仕事帰りにでも間に合うよ。行こう行こう。
FC2ブログランキング

[2007/03/23 11:18] 深見東州| TB(0) | CM(1)

絵画展は素敵ですよね

私も2年ほど前に、行きました。 最初から最後まで涙あり、笑いありで、ショップにたどり着くまでえらい大変だったことを思い出します。
印刷でサイズが小さくなったモノに馴れているので、
原寸で見ると圧倒されまくり。「火の魚」と「鹿島の森」(タイトルうろ覚え~)は全然、原画と印刷とでは雰囲気が違い、びっくりしました。本当に見る価値あり!ですね。
[2007/03/23 22:58] co-nyan [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dnco.blog54.fc2.com/tb.php/96-cdf9dbdb


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。